太陽光パネル撤退時の買取業者を選ぶ5つのポイント/ソーラーパネル・太陽光パネル買取・処分/全国対応可 - 株式会社ワァース

太陽光発電事業が2012年以降加速し、住宅・産業用共に年々増え続けています。

太陽光発電システムは、メンテナンスや定期点検等を行えば、30年以上も発電すると言われています。


まだまだ発電事業は継続できるものの、本記事では、予期せぬ事態で撤去を余儀なくされた際に知っておきたい5つのポイントをお伝え致します。


撤去方法、業者によっては処分費が大きく変わる事もございます。


業者を選ぶ際のポイント5選は、

3. 太陽光パネルの処分費用を抑える為に出来る事 に詳しく記載しています。



【目次】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.太陽光発電事業は産業廃棄物扱い

2.太陽光パネル処分費用は数百万〜数千万円にもなる!

3.太陽光パネルの処分費用を抑える為に出来る事

4.パネル買取業者を選ぶ際に気おつけるべき点

5.撤去から買取・処分まで全て任せるには?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



1.太陽光発電事業は産業廃棄物扱い


多くの方がご存知であるように、産業用太陽光パネルは売電を行い、利益を生む事業モデルです。

産業用太陽光発電システムの処分を行う際には、産業廃棄物に該当します。


※産業廃棄物を処理する際に、

「収集・運搬」「中間処理」「最終処分」の3つのステップを踏む事で、適正かつ安全に処理が可能です。

これらを、厳守した上で許可のある業者を選ぶ事が大切です。





2. 太陽光パネル処分費用は数百万〜数千万円にもなる!


太陽光パネル事業撤退の際には、太陽光パネルの処分はもちろん、架台や杭の処分、撤去する際の人件費、処分地までの運搬費用などがかかります。


今回は、その中でも最も撤退時にお金のかかる

太陽光パネルの処分について計算していきます。


約10年〜7年ほど前の太陽光パネルは、

出力値が250Wが基本で、1枚あたり16kg〜18kgが主に使用されています。

50kwの低圧発電所でも、200枚〜250枚ほどと

相当枚数のパネルになるでしょう。


太陽光パネルの処分費用は、業者や認定工場、地域により大きく変動しています。


1枚あたり もしくは 重量換算にて処分費用の提示をされます


1枚あたり全国平均3000円〜6000円程です。

最も高い処分費用は、15000円/枚でした。

※当社調べ


では、何故ここまで処分費用にバラつきがあるのか?


太陽光パネルは中間処理工程を経て、最終処分場で処理を行います。


中間処理業者での処分受付も可能ですが、

中間処理工程後、最終処分業者への搬入を行うので、中間処理業者への処分依頼は高くなります。


最終処分場管理の認定工場で

処分する事が処分費用削減に繋がります。


JPEAによる適正な認定工場はこちら

https://www.jpea.gr.jp/wp-content/uploads/2110%E7%94%A3%E5%BB%83%E4%B8%AD%E9%96%93%E5%87%A6%E7%90%86%E6%A5%AD%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7%E8%A1%A8.pdf


※当社では認定工場での適正処理が可能です。


3.太陽光パネルの処分費用を抑える為に出来る事


太陽光パネルの処分費用を抑える事は可能です。

不要になった処分対象パネルを売る事で、処分費用の足しにすることや、処分費用を相殺する事が可能になります。


太陽光パネルの買取金額も業者により大きく異なります。



【買取金額をあげる為のポイント1】


最も重要なポイントである、買取業者選びです。


買取金額は、買取業者の販売先により

買取値段が異なります。


販売先が海外である業者への買取は、

買取金額が安い傾向にあります。


国内企業への販売を行なっている

買取業者は少ないのが現状です。






【買取金額をあげる為のポイント2】


輸送費を下げる事も買取金額を上げる事にも繋がります。


殆どの業者が引き取り料金を往復運賃で請求しますが、当社では片道運賃での引取りが可能です。


当社はグループ企業に運送事業部があり、

東北地方から九州地方まで集配を行なっているため、

帰路便にて太陽光パネルの引取りが可能です。


当社では、10tウイング車・平車などの様々な車両の用意が可能で、

現場へのユニック車での搬出など場所に応じた最適な車両手配をさせて頂きます。




【買取金額を上げるためのポイント3】


買取から処分、運送を一貫して行える企業を選ぶ事もポイントです。


買取できるパネルのみを買取する企業は多々ありますが、処分も請負える業者は少ない為、

買取不可のパネルを別業者にて処分しなければいけません。


その為、一貫し買取から処分までを請け負える買取業者を選ぶ事も処分削減のポイントと言えるでしょう。



【買取金額をあげるためのポイント4】


集配を行う際に、パレット積みを行なって頂く事により積込手数料が不要になります。


パレット積みをして頂く事により、フォークリフトもしくはユニック車での積込が簡易になり、

トラック等への手積み料金が不要となります。


また、割れたパネルと割れていないパネルなどの仕分けをして頂く事でも

正確なパネル枚数・金額の提示可能です。


【買取金額をあげるためのポイント5】


撤去前に洗浄を行う事により、買取金額UPに繋がります


国内販売を行う業者は、洗浄を行い販売するので

撤去前の雨天時などに洗浄を行なって頂く事で

買取金額を上げる事が可能です。


当社では1枚あたり400円〜600円あがる事もございます。


※洗浄液などを使用すると、買取金額に影響をおよぼすので、買取業者への相談を行いましょう。



4.パネル買取業者を選ぶ際に気おつけるべき点


パネル買取業者を選ぶ際の注意点。


買取業者からの入金対応の早さも選ぶポイントです。


入金対応に時間がかかる業者への販売は不安要素となりますので、買取前に入金予定を大まかに聞いておく必要があるでしょう。


また、売買契約書が必要な際に契約書の締結が可能な業者を選ぶ事も必要です。


処分を選択する場合も、マニフェスト発行が可能な業者に依頼をしましょう。




5.撤去から買取・処分まで全て任せるには?


撤去と買取さらには処分・引取りなどそれぞれを別業者にお願いすると

手間も費用もかかってきます。


当社は、全国展開で撤去から買取・処分まで可能です。

※産業廃棄物収集運搬・撤去業者は全国の提携業者と行います。


まずはお気軽にご相談ください。

無料お見積もりも可能です。