【在庫処分太陽光パネル・中古ソーラーパネルを撤去するなら今がチャンス】買取価格UP中!株式会社ワァース


新型コロナウイルス感染拡大により、テレワークの普及や巣ごもり需要などが高まり、PCや家電に含まれる半導体が大きく不足しました。


太陽光発電システムには、多くの半導体が使用されており世界で問題となりつつある半導体不足は日本の太陽光業界にも大きな影響が出ております。


新品ソーラーパネルへの大きな影響とは?


・新品ソーラーパネルの納期遅延

元々は、新品ソーラーパネルの納期は1ヶ月以内〜3ヶ月以内での納品であり、多くの販売店・施工店などは納品時期を踏まえ、客先に提案などを行っていますが、

今回は、納品時期が3ヶ月以上かかる事も多々あり、半年以降や見通しがないと悲鳴をあげる企業も多くないはずです。


中古太陽光パネルで代用しよう

という企業様も増えてきており、中古ソーラーパネルの需要がここ1年で大きく伸び、

数の限りあるリユース品は争奪戦と化しています。




・太陽光パネルの価格高騰

W単価で取引される、ソーラーパネル。

W単価の上昇率は2020年と比べて、30%上昇した企業も少なくないはずです。

中には、40%以上の上昇率がある企業もあります。


リユースパネルの買取価格もWあたり3円〜5円UPしており、お持ちの在庫処分パネルや、撤去検討時のパネルなどは今すぐの売却をオススメ致します。



・パワーコンディショナーなどシステムも高騰・遅延

太陽光システム全般に半導体が使用されており、

高騰・遅延しているのは太陽電池モジュールのみならず、パワーコンディショナーなども大きく遅延しているようです。


当社では、新品未使用のパワーコンディショナーや


状態の良いパワーコンディショナーについても買取可能です。

大型(50kw・100kw・500kw)のパワコンもご相談ください。




ソーラーパネル価格上昇は今年まで?

大手半導体メーカーでは遅くとも2022年〜2023年初頭には、解消またはやわらぐと報告されています。


2023年以降は太陽光パネル価格も適正な市場価格へと戻る事が予想されています。


昨今の市場情勢を踏まえても、2022年内の太陽光パネル・ソーラーパネルの売却をオススメ致します。


当社では、昨年末より2円〜7円買取価格強化中です。

特に300W以上のソーラーパネルは買取単価高騰中です。


※以下のページから即日お見積り可能です。

https://www.worth-solar-panel.com/


対応地域は全国可能ですので、処分を検討する前に一度ご相談ください。



 

お問い合わせ

ソーラーパネル買取専門ページ WORTH

ソーラーパネル販売専門ページ WORTH

株式会社ワァース

〒916-0057福井県鯖江市有定町3丁目6-12 3階

E-mail : info@worthfukui.com

TEL : 0778-42-5592